方針
環境方針(環境への取組み)

環境への取組み

環境方針

■基本理念
京都中央信用金庫は、風光明媚な世界有数の観光都市、そして京都議定書採択の地である、“京都”を地盤とする信用金庫として、地域社会の持続的発展のため、“On Your Side~ 地球がうれしい ~”をスローガンに、地域社会ひいては地球全体の環境保全活動に積極的かつ継続的に取り組みます。
■基本方針
1.
環境改善活動の継続
 事業活動における環境への影響を把握し、地球温暖化防止等のため、環境に配慮した適切な活動を行うとともに、積極的に環境負荷の低減を図り、継続的な環境改善に努めます。
2.
環境問題に関する地域貢献の推進
 地域と運命共同体である信用金庫として、環境に配慮した商品・サービスの開発・提供およびCSR活動などを通じて環境問題に関する地域貢献を積極的に推進します。
3.
省エネルギー、リサイクル活動等の推進
 省エネルギー、省資源、リサイクル活動、グリーン調達を推進し、環境保全に努めます。
4.
啓発活動の推進
 環境に関する取組みを積極的に公開し、環境問題への意識向上に努めるとともに、地域社会における環境保護活動へ積極的に参加・支援していきます。
5.
環境関連法規等の遵守
 環境関連法令および当金庫が同意するその他の要求事項を遵守します。
6.
環境方針の公開
 この環境方針は全役職員に周知するとともに、ホームページなどで公開します。

平成21年10月1日制定
京都中央信用金庫
理事長 白波瀬 誠

環境マネジメントシステム(ISO14001 認証)の運用

当金庫は、本店ビルにおいて環境マネジメントシステム(ISO14001 認証)を運用し、環境に配慮した事業活動を展開しています。また、事務センターや営業店などを含めた金庫全体で電気使用量・コピー用紙使用量の削減等、省エネ・省資源化活動に取り組んでいます。

省エネ・省資源活動

■節電への取組みと成果
・クールビズ、ウォームビズの実施
・ライトダウンキャンペーンへの参加
・デマンドコントロールシステムを活用した使用最大電力の低減
これらの取組みにより、平成26年度においては、当金庫全体の電気使用量を平成21年度比で19.8%削減でき、温室効果ガス排出量削減等の地球温暖化対策に積極的に取り組んでいる事業者として、京都府および京都市から表彰を受けました。
電気使用量 年度推移グラフ
表彰写真
分別、回収ボックスイメージ ■インクカートリッジ等の回収と資源ゴミの分別廃棄
当金庫では、使用済のインクカートリッジやトナーカートリッジ等の再資源化のための回収に協力しています。さらに、本店ビルでは資源ゴミ(カン、ビン、ペットボトル、プラスチック、雑紙)の分別廃棄を徹底するなど、リサイクル活動に取り組んでいます。
■独自のリサイクルシステム
本支店から出る保管切れの書類や伝票、紙ゴミを回収してトイレットペーパーやティッシュペーパーに再生する独自のリサイクルシステムを全国の信用金庫業界に先駆けて平成9年より導入しています。これらは、お客さまへの粗品や当金庫内の消耗品として使用しています。
独自のリサイクルシステム
女性職員のユニフォームにリサイクル製品採用 ■女性職員のユニフォームにリサイクル製品採用
女性職員のユニフォーム素材はペットボトルを再利用した再生ポリエステルを使用しています。使用済みユニフォームは回収の後、再利用や再資源化に取り組んでいます。
グリーン購入 ■グリーン購入
当金庫のグリーン購入指針に基づいて、事務用品および粗品を購入する際は、その必要性を十分に検討した上で、環境に配慮し、環境に与える負荷が出来るだけ少ないものを選定して購入しています。
環境配慮型店舗 奈良支店 ■環境配慮型店舗
店舗の新築・改修の際には、省エネ・環境配慮型設備を採用し、店舗外ATMにも順次LED照明を導入しています。
平成26年9月に新築建替えした黄檗支店には、全館LED照明・エコガラス・GHP(ガスヒートポンプエアコン)・太陽光発電・ソーラーウインドライト・BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を、平成27年2月にオープンした奈良支店には、全館LED照明、太陽光発電の環境配慮型設備をそれぞれ採用しました。

環境保全活動

清掃活動
■清掃活動
地球環境保全・啓発活動の一環として地域の清掃活動に積極的に取り組んでいます。

平成26年6月29日瀬田支店、石山支店、堅田支店周辺の「琵琶湖一斉清掃」
平成26年7月1日「びわ湖の日」清掃活動
平成26年11月26日「環境美化の日」清掃活動
平成27年5月30日(ゴミゼロの日)「全部室店一斉清掃」

一人ひとりが環境やゴミ問題に関心を持ち、地球にやさしい街づくりを考え、行動する大切な機会となっています。
京-VERロゴ ■「京都版CO2排出量取引制度」への参画
「京都版CO2排出量取引制度」とは、京都府内の中小企業や地域コミュニティの省エネ活動により創出、認証された京都独自のCO2排出量クレジット(京-VER)を大規模排出事業者が購入することで、京都府全体の温室効果ガスの削減を図ることを目指す制度です。当金庫は購入したクレジットを、中信美術館の運営や当金庫が主催する各種イベントに伴って排出されるCO2に対してカーボン・オフセットを実施するために活用しています。

環境配慮型金融商品

融資商品
個人のお客さま
金利選択型住宅ローン
(変動金利・特約期間固定金利)
「太陽光発電システム」導入住宅や「グッドエネルギー住宅ローン」対象住宅など、環境に配慮した住宅の購入等に対するローンの金利優遇を行なっています。
法人・個人事業主のお客さま
中信エコビジネスローン「マイクロガスコージェネレーションシステム」の設置等の費用や「事業用低公害車(エコカー)」の購入費用としてご利用いただけるローンです。
スーパーエコローン
<ビジネスタイプ>
「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用した売電事業に必要な資金にご利用いただけます。
スーパーエコローン
<省エネタイプ>
節電・環境対策設備やエコ関連設備等の省エネ対策に必要な資金にご利用いただけるローンです。
※詳しくは各商品ページをご覧ください。

ご質問は当金庫最寄りの店舗あるいは下記フリーダイヤルにてお問い合わせください。

TEL :0120-201-959(平日9:00~17:00)

(注)フリーダイヤルは当金庫営業地区(京都府および滋賀県、大阪府、奈良県)のみ可能です。