方針
【経営者保証に関するガイドライン】に係る当金庫の取扱方針について

【経営者保証に関するガイドライン】に係る当金庫の取扱方針について

 中小企業・小規模事業者等(以下、「中小企業」といいます。)の経営者による個人保証(以下、「経営者保証」といいます。)については、経営への規律付けや信用補完として資金調達の円滑化に寄与する面がある一方で、経営者による思い切った事業展開や、保証後において経営が窮境に陥った場合における早期の事業再生を阻害する要因となっているなど、様々な課題が存在しました。

 この度、中小企業の経営者保証における課題への解決策を具体化した【経営者保証に関するガイドライン】が、「経営者保証に関するガイドライン研究会」(事務局:日本商工会議所・全国銀行協会)により策定されました。
 このガイドラインは、中小企業金融における経営者保証について、中小企業(債務者)と保証人及び債権者間において合理性が認められる保証契約の在り方等を示すとともに、債務の整理局面における保証債務の整理等を公正かつ迅速に行うためのルールを定めることにより、経営者保証の課題に対する適切な対応を通じてその弊害を解消し、もって中小企業と保証人及び債権者間の継続的かつ良好な信頼関係の構築や強化とともに、中小企業の各ライフステージ(創業、成長・発展、早期の事業再生や事業清算への着手、円滑な事業承継、新たな事業の開始等)における中小企業の取組意欲の増進を図り、ひいては中小企業金融の実務の円滑化を通じて中小企業の活力が一層引き出され、日本経済の活性化に資することを目的としています。

 京都中央信用金庫は、本ガイドラインが策定された背景や目的を十分尊重し、保証契約の締結や保証債務の整理等において、本ガイドラインに基づき、誠実に対応してまいります。

2014年2月1日
京都中央信用金庫
理事長 白波瀬 誠


【経営者保証に関するガイドライン】に係る当金庫の対応方針についてのご意見・苦情等につきましては、下記までお申し出ください。
 
京都中央信用金庫 相談室
TEL・FAX :フリーダイヤル 0120-355-774
受付時間 : 9:00~17:00(当金庫営業日)

経営者保証に関するガイドライン

経営者保証に関するガイドラインQ&A