お客さまへのご注意とお願い

インターネットを利用した金融犯罪にご注意ください

 インターネットには、世界中から様々な人がアクセスしています。
中には、他人のパソコンやスマートフォンに侵入したり不正なサイトに誘い込んで重要な情報を盗み取ろうとする犯罪も発生しています。
 最近、スパイウェアや不正なメールにより、お客さまのパスワードや暗証番号が不正に取得され、振り込みが行われる事件が発生しています。
 本ページでは、当金庫のインターネットバンキングを安心してご利用いただくためにインターネットを利用した金融犯罪の手口をご説明します。

また、知らない間に、インターネットバンキングに不正アクセスされることを防止する為に
IBロック機能~インターネットバンキング
ワンタイムパスワード~インターネットバンキング
電子証明書方式~インターネットデータ伝送
のご利用を是非ご検討ください。


【インターネットを利用した金融犯罪の手口】
スパイウェアを利用してパスワード等を盗み出す。
金融機関を装って不正な電子メール等を送りつけてパスワード等を盗み出す。(フィッシング詐欺)

【スパイウェアを利用してパスワード等を盗み出す。】
1.
スパイウェアは、お客さまのパソコン・スマートフォンに知らぬ間にインストールが行われます。
スパイウェアをメールの添付ファイルで送る。
無料でダウンロードできるソフトウェアに仕込む。
金融機関の名を騙ってスパイウェアを仕込んだCD-ROMを送付する。
OSやブラウザの欠陥をついてホームページを見た人のパソコン・スマートフォンにスパイウェアを仕込む。
など、犯罪者は様々な手段でスパイウェアをインストールさせます。
2.
お客さまのパソコン・スマートフォンに侵入したスパイウェアは、お客さまのキーボード操作やパソコン画面を記録したりして情報を盗み出します。
3.
犯罪者は、盗み出した情報を基にインターネットバンキングにログインし、口座から預金を引き出します。

対策
みだりにフリーソフトやアプリをダウンロードしたり、心当たりのない発信元からのメールを不用意に開いたり、不審なWebサイトへアクセスしたりしないよう、ご注意ください。
インターネットカフェ等、不特定多数の人が利用できるパソコンからのお取引はしないようご注意ください。
OSやブラウザには、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。OSやブラウザのセキュリティの欠陥を通じてスパイウェアに侵入されるリスクが減少します。
スパイウェア対応のセキュリティ対策ソフトをご利用いただくこともお奨めします。
パソコンでのパスワード入力時に「ソフトウェアキーボード」をご利用いただきますとキーボード操作を記録するスパイウェアによる情報盗取を防止できます。
電子メールアドレスは正しく登録し、常にチェックしてください。
モバイルバンキング・インターネットバンキング(スマートフォン含む)では重要なお取引についてお取引確認の電子メールをお送りしていますので、不正取引が早期にチェックできます。
ご利用のパソコン・スマートフォン等にスパイウェア等が侵入された可能性がある場合は、サービスのご利用を停止いたしますので直ちに当金庫お取引店または中信ダイレクトセンター (平日9時~21時:フリーダイヤル0120-66-4600または075-694-2722、土日9時~17時:フリーダイヤル0120-201-969または075-694-2728)までお知らせください。
また、サービス画面から「ログイン緊急停止」機能により、お客さまご自身の操作によりサービスの利用を停止させることもできます。
なお、「ログイン緊急停止」機能により利用停止されたサービスを再度ご利用いただく場合は、「モバイル&インターネットバンキングに関する依頼書」をお取引店にご提出ください。


【金融機関を装って不正な電子メール等を送りつけてパスワード等を盗み出す。(フィッシング詐欺)】
1.
金融機関を装った電子メールを不特定多数のお客さまに送付します。メールの件名や本文には、「重要なシステム変更のお知らせ」などと記載され、お客さまにそのメールの指示に従う必要があるように思わせます。
2.
メール内のリンクをクリックすると当該金融機関のものにそっくりな偽ホームページへ誘導されます。メールや偽ホームページでは、巧みにお客さまにパスワード等の入力を促します。お客さまが入力したパスワード等は、そのまま犯罪者へ送信されます。
3.
犯罪者は、盗み出した情報を基にインターネットバンキングにログインし、口座から預金を引き出します。

対策
心当たりのないメールを開いたり、そのメールの指示に従わないようにご注意ください。
当金庫が電子メールでインターネットバンキングやモバイルバンキングのログイン画面へアクセスいただくようなリンクをお知らせすることはありません。
また、電子メールでパスワード等をお尋ねすることもありません。
当金庫では、RSAセキュリティ社が提供する「RSA FraudAction®(アールエスエーフロードアクション)」 によりフィッシングサイトを迅速に検知、閉鎖する体制を取っています。
なお、当金庫の名称で不審な内容のメールが届いたり不審なサイトを発見された場合は、直ちに当金庫お取引店または中信ダイレクトセンター (平日9時~21時:フリーダイヤル0120-66-4600または075-694-2722、土日9時~17時:フリーダイヤル0120-201-969または075-694-2728)までお知らせください。

当金庫ホームページをご利用いただく場合は、
http://www.chushin.co.jp/」のアドレスをお気に入り・ブックマーク等に保存してご利用ください。モバイルバンキングでは各携帯電話会社公式メニューからアクセスいただくか、マイメニュー(iモード®)・お気に入り・ブックマーク等からご利用ください。
当金庫インターネットバンキング等は、SSLによる暗号化通信を行っていますので、ブラウザに鍵のマークが表示されます。マークをクリックするとサーバ証明書が表示され、電子証明書の発行先が表示されます。
当金庫各種インターネットサービスで利用いただくホームページの電子証明書の発行先(サーバ運営者)は下記の通りです。

    サービス名 電子証明書発行先 サーバ運営者
    京都中央信用金庫ウェブサイト www.chushin.co.jp THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK
    インターネットバンキングサービス www2.paweb.anser.or.jp NTT DATA CORPORATION
    ビジネスWebサービス www.bizsol.anser.ne.jp NTT DATA CORPORATION
    インターネットデータ伝送サービス・IDパスワード方式 www15.ib.shinkin-ib.jp The Shinkin Banks Infomation
    System Center Co.Ltd
    インターネットデータ伝送サービス・電子証明書方式 www14.ib.shinkin-ib.jp The Shinkin Banks Infomation
    System Center Co.Ltd
    インターネットデータ伝送サービス・電子証明書設定 www03.shinkin-ib.jp The Shinkin Banks Infomation
    System Center Co.Ltd
    投信インターネットサービス www.shinkin-toushin-internet.jp The Shinkin Banks Infomation
    System Center Co.Ltd
    WEB外為サービス www.financial-gw.net NTT DATA CORPORATION
これらの詐欺においては、Webブラウザの欠陥を突いてページを本物に見せかけるものがありますので、常にWebブラウザは最新の修正プログラムを適用してください。
電子メールアドレスは正しく登録し、常にチェックしてください。
モバイルバンキング・インターネットバンキングでは重要なお取引についてお取引確認の電子メールをお送りしていますので、不正取引が早期にチェックできます。

【市役所や年金保険センターの職員を装ってパスワード等を盗み出す(還付金詐欺)】
1.
市役所や年金保険センターの職員を名乗って「保険金を還付するので、必要書類を送付します」との電話があり、後日、金融機関のインターネットバンキング開設申込書が送付されます。
2.
手続きが完了した頃を見計らって、再度、犯人から「還付手続きのため、パスワードを教えて欲しい」といった電話が入ります。
3.
その後、犯人は聞き出したパスワード等でインターネットバンキングにログインし、お客さまの口座から不正な振替により、犯人の口座へ振込が行われ、即時に引き出されてしまいます。
対策
インターネットバンキングの申込によって、保険金が還付されることはありません。
市役所や年金保険センターの職員が、パスワード等の情報をお聞きすることはありません。万一、他人に知られると不正振込等に悪用される危険がありますので、決して他人に教えないでください。
お申込に際して不審な点がある、パスワード等の情報を他人に話してしまった等のお心当たりがございましたら、 サービスのご利用を停止いたしますので直ちに当金庫お取引店または中信ダイレクトセンター (平日9時~21時:フリーダイヤル0120-66-4600または075-694-2722、土日9時~17時:フリーダイヤル0120-201-969または075-694-2728)までお知らせください。
また、サービス画面から「ログイン緊急停止」機能により、お客さまご自身の操作によりサービスの利用を停止させることもできます。
なお、「ログイン緊急停止」機能により利用停止されたサービスを再度ご利用いただく場合は、「モバイル&インターネットバンキングに関する依頼書」をお取引店にご提出ください。
フリーダイヤル0120-66-4600は、携帯電話・スマートフォンからはご利用いただけません。携帯電話・スマートフォンからは、075-694-2722をご利用ください。
フリーダイヤル0120-201-969は、京都・大阪・滋賀・奈良および携帯電話・スマートフォンからご利用いただけます。それ以外の方は、075-694-2728をご利用ください。