お知らせ
「視覚障がい者」対応に係る土曜講座を開催

「視覚障がい者」対応に係る土曜講座を開催

 京都中央信用金庫(理事長 白波瀬 誠)では、2月17日(土)に、役職員を対象として「京都府視覚障害者協会」による土曜講座を下記の通り開催いたしましたのでお知らせします。
 


1.
開催の目的
 京都中央信用金庫では、役職員の自己啓発のための自由参加型の勉強会を「土曜講座」として実施しています。
 今般、「障がい者等に配慮した取組みの積極的な推進」の一環として、公益社団法人「京都府視覚障害者協会」から講師を招聘し、「視覚障がい者」対応に係る土曜講座を開催しました。講演会に加え、参加者がアイマスクを着用し、ご来店されたときのご案内方法などの実習も行われました。
 
2.
実施日
2月17日(土)午前9時~10時30分
 
3.
会場
京都中央信用金庫十条ビル(京都市南区東九条南石田町38-2)
 
4.
講師
公益社団法人「京都府視覚障害者協会」 副会長 藤原 健司氏
公益社団法人「京都府視覚障害者協会」 スタッフ 2名
 
5.
対象者
全役職員のうち参加希望者(61名が参加)

6.
その他
「視覚障がい者」対応に係る土曜講座 実施の様子
 京都中央信用金庫では、「障がい者等に配慮した取組みの積極的な推進」として、店舗内・店舗外のすべてのATMコーナーにおいて、視覚障がいをお持ちのお客さまにもご利用いただきやすい音声機能付ATMを導入しております。また、窓口への福祉関連機器の設置、ATMのご利用が困難なお客さまに対する窓口振込手数料の引下げ、点字通知サービスを実施するほか、伝票のユニバーサルデザイン化や点字ブロック・音声誘導システムの順次導入などの施策を実施しております。これからも「On Your Side~一緒がうれしい~」のキャッチコピーの通り、どなたにも身近で安心してご利用いただける「人にやさしい店舗づくり」を目指してまいります。
記載の内容は2018年3月1日現在です。
以上