展覧会予定

鈴木 治 土のかたち終了

●2020年9月3日(木)~10月9日(金)月曜休館

実用的な器にとどまらず、純粋な立体造形としての作陶を追求した陶芸家鈴木治氏の回顧展を開催いたします。
鈴木氏は、前衛陶芸作家集団「走泥社」を結成、陶芸における表現の可能性を広げる独創的な創作活動を展開されました。
本展では、青白磁や焼締めの他、遺作となった「蘖(ひこばえ)」シリーズなど初期から晩年の作品を一堂に展観いたします。
動物や自然現象のイメージを鋭い感性で表現した詩情あふれる作品をお楽しみください。

著作権保護のため画像のコピー・ダウンロードは禁止されております。
画像をクリックすると拡大表示されます。

花入 1998年
花入 1998年
昴、雛 1992年
昴、雛 1992年
小盒各種 1998年
小盒各種 1998年
蘖(ひこばえ) 2000年
蘖(ひこばえ) 2000年

石本 正生誕100年・京都中央信用金庫創立80周年
石本 正の[1950年~1970年]“画業深化の時代”終了

●2020年10月30日(金)~12月11日(金)月曜休館

戦後まもなく本格的に作家活動を始め、95歳でこの世を去るまで日本画壇の第一線にあり続けた画家・石本正氏。
日本画滅亡論などが取り沙汰される混迷の時代にあっても己の道を突き進み、古来の芸術が持つさまざまな「美」を現代の自分の生活感情と調和させた“新しい日本画“の創出を志向しました。そんな彼にとって1950年から1970年代は、挑戦と試行錯誤を繰り返し、画家としての実力を深めていった時代でした。
本展では、氏の生誕100年を記念し、様々な表現に取り組むことで自身の画業を深化させた時代の一端を、個人所蔵の貴重な作品を含めて展観いたします。
生涯を懸けて己の求める美を追求した画家の姿に思いを馳せていただければ幸いです。