京都美術文化賞

美術の創作活動を通じて京都府市民の精神文化向上に多大の功績があった人に対して「京都美術文化賞」を授与。

・対象分野
絵画(日本画・洋画・版画)、彫刻、工芸(染織・陶芸・漆芸・その他)
・賞  金
賞牌と賞金1人200万円、3人以内
・創  設
昭和63年5月
・選考委員
太田垣 實(美術評論家)
潮江 宏三(京都市立芸術大学名誉教授)
篠原 資明(京都大学名誉教授)
柳原 正樹(独立行政法人国立美術館理事長・京都国立近代美術館館長)
冷泉 為人(公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫理事長)
・選考方法
京都府・市、学識者、作家、芸術家、マスコミ関係者等の個人・団体から推薦のあった各分野の候補者の中から、選考委員の選考を経て決定。
・京都美術文化賞受賞者一覧
京都美術文化賞受賞者(令和3年4月現在)

第34回京都美術文化賞受賞者 (敬称略)

大野 俊明 (おおの としあき)

大野 俊明 (おおの としあき) 日本画

1948年京都市生まれ。’71年京都市立芸術大学美術学部日本画科卒業、’73年京都市立芸術大学美術専攻科日本画専攻修了。’72年より京都・二条城二の丸御殿障壁画模写事業に参加し、現在に至るまで古画の模写に尽力している。成安造形大学名誉教授・同客員教授、京都日本画家協会会員。

展 覧 会
’84年~’93年「横の会展」(京都市美術館)、’95年個展「流れ行く時の風―古典から現代まで―」(髙島屋/ニューヨーク)、’02年個展「京・近江―流れ行く風―」(髙島屋/京都 他)、’04年「日本画 京の今日展」(京都文化博物館)、’08年個展「山河行く風」(髙島屋/京都 他)、’09年~’13年「京都 日本画新展」(美術館「えき」KYOTO)、’13年「日本画 こころの京都展」(京都文化博物館)、’14年~’18年「続 京都日本画新展」(美術館「えき」KYOTO)、 ’15年「京に生きる琳派の美展」(京都文化博物館 他)、’20年「京都市立芸術大学退任記念展-京都芸大と私たち」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)など多数。
受   賞
’87年第9回山種美術館賞展優秀賞、’91年タカシマヤ文化基金第1回新鋭作家奨励賞、’93年京都市芸術新人賞、’17年京都市芸術振興賞など。
「清隅の」(1996年)
「清隅の」(1996年)
「銀嶺」(2004年)
「銀嶺」(2004年)
児玉 靖枝 (こだま やすえ)

児玉 靖枝 (こだま やすえ) 絵画

1961年神戸市生まれ。’86年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。80年代前半、何の変哲もない石やガラス瓶などをモチーフに「ものがあるということ」を手掛かりに精緻な描写によって存在を捕らえることから絵画の世界に入る。90年代は具象から離れ、絵画の可能性を探求するためにシンプルな色彩と身体性を伴うストロークによる抽象絵画を展開。近年は日常の中で感受する非日常的光景をモチーフとし、具象のなかの抽象性を際立たせることで存在の気配を喚起させる絵画を描きながら〈まなざし〉を問う試みを続けている。京都市立芸術大学美術学部特任教授。

展 覧 会
’12年「新インキュベーションⅣゆらめきとけゆく―児玉靖枝×中西哲治」(京都芸術センター)、’15年個展「深韻―花違え」(アートスペース虹/京都)、’16年個展「深韻―白」(MEM/東京 他)、’18年「モネ―それからの100年」(名古屋市美術館 他)、’19年「みつめる―見ることの不思議と向き合う作家たち」(群馬県立館林美術館)、’20年個展「asile」(0 gallery eyes/大阪 他)、「それぞれのながめ」(徳島県立近代美術館)など多数。
受   賞
’99年第17回京都府文化賞奨励賞、’05年兵庫県芸術奨励賞受賞、’10年亀高文子記念―赤艸社賞など。
「深韻―雨二・四・三」(2010年)
「深韻―雨二・四・三」(2010年)
「asile-white splash 10」(2020年)
「asile-white splash 10」(2020年)
>髙橋 匡太 (たかはし きょうた)

髙橋 匡太 (たかはし きょうた) 現代美術

1970年京都生まれ。’95年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動を行っている。京都市京セラ美術館、東京駅100周年記念ライトアップ、十和田市現代美術館など建築物へのライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的な光の作品を創り出す。多くの人とともに作る「夢のたね」、「ひかりの実」、「ひかりの花畑」など大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がけている。

パブリックプロジェクション&ライティングワーク
’03年「築城400年記念二条城ライトアップ」(元離宮二条城/京都)、’11年「第26回国民文化祭・京都2011総合開会式オープニングフェスティバル 芸術監督」(国立京都国際会議場)、’15年~’19年「くすのき並木ライトアップ」(京都府立植物園)、’17年「超京都2017光の現代美」(旧三井家下鴨別邸/京都)、’19年~’20年“四条洛中洛外雲海図”四条反映会年末年始装飾(四条通/京都)、’21年「岡崎宵かさね」(京都国立近代美術館 他)など多数。
受           
’08年京都府文化賞奨励賞、’10年京都市芸術新人賞、’20年第30回日本建築美術工芸協会賞(AACA賞)、’21年照明学会照明普及賞など。
「ひかりの実」(2011年~現在)
「ひかりの実」(2011年~現在)
「京都市京セラ美術館ファサード照明デザイン、演出」(2020年)
「京都市京セラ美術館ファサード照明デザイン、演出」(2020年)

第33回京都美術文化賞贈呈式

2020年11月4日、ウェスティン都ホテル京都において、第33回京都美術文化賞贈呈式を開催しました。

第33回京都美術文化賞贈呈式
左より宮永愛子氏、山本茜氏、近藤高弘氏

第33回京都美術文化賞受賞記念展終了

京都美術文化賞ポスター
内  容
第33回京都美術文化賞受賞者である近藤高弘氏(陶芸)、山本茜氏(截金ガラス)、宮永愛子氏(現代美術)の受賞記念展を開催します。また特別展示「京都美術文化賞のあゆみ」として過去の受賞者9名(第4回~第6回)の所蔵作品も併せて展示いたします。

【特別展示】

第4回受賞者―竹内 浩一、井田 彪、樂 吉左衞門(十五代)

第5回受賞者―吉原 英雄、野崎 一良、南 祥輝

第6回受賞者―中野 嘉之、内田 晴之、面屋庄甫

会  期
2021年1月15日(金)~1月24日(日)(1月18日休館)
会  場
京都文化博物館5階展示室
(京都市中京区高倉三条/地下鉄烏丸御池駅下車徒歩3分)
時  間
10:00~18:00(最終日は16:30まで)
料  金
無料