総合口座

ためる・使う・かりるを一括管理できる
便利なしくみ

一冊の通帳で「普通預金」「定期預金」がセットでき、定期預金をセットすると自動融資が受けられます。
このほかカードローンなどためる・使う・かりるが1冊ですべてかなう便利なしくみです。
また自動集計サービス「ひと目で納得」もセットすれば、1ヵ月間の収支がわかりさらに便利さがアップします。

商品概要

1.商品名 総合口座
2.取引内容
  1. 1.普通預金(無利息型普通預金を含みます)の取引
  2. 2.定期預金(1口1万円以上、ただし、自由金利型定期預金<大口定期預金>は、1,000万円以上、懸賞金付き定期預金は10万円以上)の取引
  3. 3.上記(2)の定期預金を担保とする当座貸越の取引
3.販売対象 個人の方のみ
(ただし、総合口座取引は成年の方に限ります。未成年者の総合口座取引については当金庫所定の書面によりお届けください。)
4.期間 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
5.預入 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
6.払戻方法 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
7.利息 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
8.税金 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
9.手数料 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
10.当座貸越取引の担保 スーパー定期預金、自由金利型定期預金(大口定期預金)、期日指定定期預金、変動金利定期預金<以下、定期預金といいます。>
(なお、変動金利定期預金の新規取扱いは、2007年9月28日で終了しております。)
11.貸越極度 総合口座の定期預金の合計残高の90%(1,000円未満切捨て)の範囲内で、最高300万円まで貸越できます。
貸越を停止する場合、当金庫所定の書面によりお届けください。
12.貸越利率 担保となる定期預金の約定利率(期日指定定期預金の場合は預入期間2年以上の利率)に年0.5%を加えた利率となります。
13.担保設定順位
  • 貸越利率の低い順から担保とします。
  • 貸越利率の同じ定期預金が数口ある場合は、預入日(継続をしたときはその継続日)の早い順に担保とします。
14.貸越利息
  1. 1.貸越金の利息は、付利単位を100円とし、毎年3月と9月の当金庫所定の日に、1年を365日とする日割計算のうえ普通預金から引落し、または貸越元金に組入れます。
  2. 2.前1の組入れにより極度額をこえる場合には、当金庫からの請求がありしだい直ちに極度額をこえる金額をお支払いただきます。
  3. 3.定期預金の解約等により定期預金の残高がゼロになるときは、その時点で貸越利息をお支払いただきます。
15.ご返済方法 随時返済(総合口座へのご入金が自動的に返済となります。)
16.付加できる特約事項 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
17.中途解約時の取扱い 各預金の商品概要説明ページをご参照ください。
18.金利情報の入手方法 当金庫ホームページ「預金金利」のページに掲載しております。
また、店頭備え付けの金利表示ボードまたは窓口でご照会いただけます。
19.苦情処理措置・紛争解決措置 苦情処理措置・紛争解決措置等の概要をご覧ください。
20.その他参考となるべき事項
  • 公共料金等の自動支払および給与、年金、配当金、公社債元利金等の自動受取ができます。
  • 預金保険制度の付保対象預金です。預金保険によって元本1,000万円までとその利息が保護の対象となります。(当金庫に複数の口座・預金がある場合には、それらの預金元本を合計して1預金者1,000万円までとその利息が保護されます。)
    なお、普通預金については、別途、特約することにより、利息を無利息とし、預金保険による全額保護の対象となる決済用普通預金として利用することができます。

記載の内容は2017年9月7日現在です。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせ

0120-201-959

受付時間 / 平日
9:00~17:00

※フリーダイヤルは当金庫営業地区
(京都府および滋賀県、大阪府、奈良県)のみ可能です。